おはようございます。

 

谷口です。

 

アメリカ市場の格言で

10月は突然何かがおきる

と言うのが「オクトーバーサプライズ」

 

日本ではあまり馴染みのないアノマリーですが

アメリカでは有名らしいです。

 

大統領選の年の10月にどちらかと言うと

劣勢な方の候補の足を引っ張る事態が

起きてしまうと言うもの。

 

今回はトランプが「でしょうね〜」的な

コロナに感染したわけですね。

 

とは言え3日で退院ですか。。。

 

嘘だらけの大統領を支持している人って

やっぱりよく似た人たちです。

 

2016年ヒラリークリントン優勢かと思われていた

10月に私用メールの流出問題が出たりで

トランプが勝利したと言われていますが

アメリカ本土では元々トランプが優勢でした。

日本にはクリントン優勢と伝わっていただけで

投票日に一時的に暴落したのはフェイクです。

 

2012年は10月にハリケーンが襲った事で

オバマの政策が優勢になったとか?

 

2004年にはアメリカ同時テロの主犯がビンラディンと

報道されたことからブッシュの続投になったとか、、、

 

いずれもサプライズほど株価に影響は出ていません。

アナリストは真しやかに株価に影響がとか言ってましたが

ちゃんと検証してから言って欲しいものです。

 

今回のトランプのシナリオがどのような結果になるかは

11月3日に出ます。

 

シナリオと言えばトレードもシナリオが必要です。

 

トレードのシナリオは

 

買った銘柄が上がったらどうするのか?

下がったらどうするのか?

動かなかったらどうするのか?

 

2016年の大統領選の投票日

日経はい1日だけ暴落しました。

 

その時に大損した人

大儲けした人

被害なしの人

 

あなたは誰になりたいですか?

僕は被害なしの人です。