おはようございます。

 

谷口です。

 

 

ファンダメンタルが最高!

テクニカルが最高!

 

いろいろ言われています。

 

僕はテクニカル重視です。

 

ファンダメンタルでは分かりにくい

「需給」が分かるからです。

 

テクニカルと言えば「ローソク足」

「ダウ理論」、そして「移動平均線」

 

テクニカルトレードは「移動平均線に始まって

移動平均線に終わる」と言われるほど重要な指標

とされていますが、歴史的に言うと「価格」「出来高」が最初に来てその後に移動平均線です。

 

価格と出来高が市場を作り出しているにも関わらず

理解しにくいためか「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」RSI,RCIなどなどの指標を勉強しがちです。

 

そうすると、そういった指標、中でも

移動平均線の日数を変更したりして調整したり、

パラメーターを変更して〜なんてことですね、、、

 

例えば一般的な移動平均線は5日、25日、75日、、、

 

これだと上手くいかない!

 

だから、5日、20日、60日にする!

 

それでも上手くいかないから

 

8日、13日、21日にする!!

 

どうだ!

 

フィボナッチだ!

 

自然係数が最高だ!

 

いやいやギャン理論だ!

 

サークルだ!ペンタゴンだ!占星術だ!

 

50日、100日、300日にする!!!

 

???????

 

どれも、ローソク足に影響していますよ(笑)

 

それもそのはず、さまざまな人達が

 

好きなように使っているからです!

 

ですから、これが「正解」

 

この日数なら、このパラメータなら勝てる!

 

なんて「幻」にしがみついてはいけません。

 

トレードの勝率は50%

 

負けるのが半分

勝つのが半分

 

このパラーメーターで上手くいかないのに

 

他のパラメータにしたって無理ですね!

 

単純に平均価格が形を作っていて

それが何を意味しているのかが

分からないければ

一生やっても使えません。

 

相場は参加者の人数と価格で成り立っている事を

理解することが最重要なんですね〜

 

と言うことで

 

 

今週はこの辺で、、、