こんにちは!

 

谷口です!

 

昨年2月、10月

さらにはクリスマスの暴落の後

 

一旦上昇してきていた日経平均ですが

ゴールデンウィーク明けを待つように下落がしています。

 

ご承知の通りトランプ大統領が中国の関税を本格的に

10%〜25%に引き上げるとの報道からダウ平均が大きく下げたことが原因です。

 

テクニカル的にはそろそろ下げの予兆でしたが

中国との交渉中に出てきた発言だけに「暴君」的なトランプが再発した感じでしょう。

 

この貿易交渉は中国のみならずEU、日本とその手は拡大されています。

 

トランプのやり方で全て交渉されてしまうと

アメリカだけに利のある内容となることを恐れて

諸外国は慎重に検討しなければいけません。

 

この検討中に「脅し」をかけるわけですから

アメリカのいいなりになる可能性が高くなるわけです。

 

もしこれに応じなければ世界経済の成長は鈍感し

当然、株式市場は下落します。

 

すでに来年度から各国の成長予測は下がってきてますから

株式市場では買えば勝てる市場から、少し工夫が必要な市場に変化していきています。

 

日経平均に近い動きをする株式であればロスカットや空売りを覚える必要が出てきます。

 

新興市場であれば買えば急騰ばかりではなく

買ったら前回の節目で利食いなどして

 

1銘柄で30%〜を狙うのではなく

10%〜を出したら手仕舞うなど

 

ダウ、日経が上昇中は利益を伸ばす

ダウ、日経が下落中なら節目で利食い

 

を心がけていきましょう!

 

向い風には逆らわず

追い風を待つ

 

万能なものを探さず

得意な技を身につける

 

「令和」元年は

何をやっても身につく年にしていきたいですね!