おはようございます。

 

カブックスの谷口です。

 

あっと言う間に10月も終わりです、、、

 

みなさん秋は満喫しましたか?

 

日に日に寒さが深まって冬がそこまで来ているようです。

 

ですがIPO銘柄はこれからが凄いことになって来る季節です。

 

107銘柄、11月も現在7銘柄と上場銘柄こそ少ないですが

 

市場の地合いも良いことから、しっかり上昇してますね。

 

12月はおそらく20銘柄ほど出てくると思われるので

 

申込しても当たりやすいです。

 

ですが、初値で下がる銘柄も多くなるので注意が必要ですね。

 

この時期こそIPOのセカンダリー投資に旨みが乗るので

 

12月は他のトレードは止めてIPOに集中しようと思っています。

 

IPOと言えば、抽選、初値買いとかって良く聞くんですが

 

抽選もライバルが異常に多いのでコツが分からないと当たるわけないし

 

初値買いをたくさんの人が大きなお金を入れていますが

 

それこそ初値買いで勝ってる人っているのでしょうか?

 

出来高を見ると分かるのですが、かなりの人が大損しているようです。

 

これは昔から繰り返されているのですが、IPOは儲かると思っている人が

 

上場初日に買いを入れてきます。

 

買うのは良いですが、何年か持てば絶対もうかると思っているのでしょうか?

 

そんな簡単なものなら、みんな儲かってますよね!

 

やっぱり、こんなに儲けやすいIPOでも

 

損してる人のほうが圧倒的に多いんです。

 

大切な資金ですから、減らさないようにしないといけません。

 

資金が減らなければ、利益が残ることを理解しなければいけません。

 

頭ではみんな理解できる事だと思いますが

 

いざトレードするとこれが上手くいかない。

 

なぜ理解できるのに実行できないのか?

 

知っている事と出来る事は違うのです。

 

その知っていることを実行に移せたとしたら、、、

 

その秘密が分かれば、勝てるようになりますよ。

 

答えは「行動経済学」でノーベル経済学賞を取った理論を読むか

 

相田みつおでわかります、、、、

 

それでは、また来週

 

さようおなら