こんにちは!

 

谷口です!

 

一気に大きく下げた株式相場ですが

パニック売りが一旦は落ち着いたようです。

 

米政府の景気刺激策の発表予定が良かったなどと聞きますし

日本政府も中国政府も先に発表しています。

 

みなさも感じていると思いますが「気は心」程度で

実際には「あの程度」では経済を支えることは出来ません。

 

現在の急反発は相場の構造的な現象で

恐怖心で投げ売りが出た後

売り物が一時的になくなり

スカスカになった売り板を

空売りの決済が買って行くと

急騰した形になります。

 

アナリストは適当に言いますが

まだ実需的に買いが入って来たとは言えません。

 

見えないものに対する人間の恐怖心は

世界各地で起きている過剰反応で

本物の「恐怖」に変わるんですね。

 

本当に怖いものはコロナウイルスではなく

人間の恐怖心です。

 

ですが、この恐怖心が無ければ

人間は生きていくこともできません。

 

これだけ情報社会となっているわけですから

正しく恐れると言うことを心がけていきましょう。

 

相場はこの人間心理が大きく「現れる」場所です。

ですので、同じよう「恐怖心」や「期待感」を

持っていると巻き込まれてしまいます。

 

テクニカルや、ファンダメンタルと同様に

人間の感情を理解することはトレードに最重要項目です。

 

自分を理解し、他者を理解する事

相場は人間が作り出していると言うこと

 

恐怖心で「投げ売り」してしまうのなら

「空売り」を覚えましょう!

 

「空売り」が難しいと言う人が多いですが

大損している人は「買い」しか出来ない

「損切」も出来ない「初心者」です。

 

まずは「損切」が出来るようになること

この状況で損失を最小限に抑えられると言うことは

「儲かった」ことと同じです。

そして「空売り」を覚える事で

数日で半年分を稼ぐことも可能となり

トレードが「楽」になりますよ!

 

もうしばらく市場がこの状況を織り込むまで波乱が続きますが

「空売り」が出来る人は「心で笑い」

含み損で落ち込んでいる人は「明けない夜明け」は無いと考えて

暖かい春を楽しみましょう!