おはようございます!

 

谷口です!

 

令和元年のおめでとうございます!

 

「令和」の最初のメルマガと言うことで

 

少し気合いを入れて行こうと思います。

 

 

「令和」年号の意味は知っている人も多いと思うのですが

 

「万葉集」の「梅花」から用いられたと言うことです。

 

「万葉集」は天皇から農民、果ては外国の短歌までもを集め

 

身分、人種の違いを超え優れた4500首の短歌から成り立っています。

 

中には作者が分からないものまであるような和歌集です。

 

令和の「令」は旧暦の「令月=2月」から用いれられているとのことで

 

「何をするのにも良い月」「素晴らしい月」「めでたい月」という意味です。

 

「和」は「日本」「争いごとがない」などの意味があります。

 

 

昭和から平成、そして令和と3つの元号を生きようとしている私。

 

平成生まれの若い方はまだ分からないと思いますが

 

不思議とその元号に時代時代の特色があるものだなぁと感じています。

 

「昭和」と言う時代は戦争による敗北と経済成長

 

そのピークがバブル経済ですが

 

世の中が1番頑張っている時代でした。

 

だから、振り返ると面白いものが沢山のあるんですね。

 

昭和から平成に変わったその年

 

昭和64年は西暦で1989年です。

 

その1989年の年末に日経平均は38957円の史上最高値をつけ

 

翌年からバブル経済の崩壊が始まります。

 

戦争の敗北からわずか12年で世界のトップ2位まで登った日本

 

その後バブル崩壊まで伸びに伸びた日本経済は

 

「平成」時代にその「尻拭い」をさせられたわけです。

 

「昭和」の時代に築き上げられた様々な制度によって

 

大きく平和が揺らぐことなく、経済的に「倹約」を覚える時代でした。

 

 

新しい年号「令和」

 

これからの時代は

 

身分や人種の違いを超え、優れたものは取り上げられる

 

努力が報われる平和な時代になると考えています。

 

正に、今の日本が向かおうとしている時代ですね!

 

 

こんな中で、我々個人投資家は何をしていったら良いのか?

 

僕が考えるには

 

グローバルに視野を広め、それを受け入れ、

 

努力して未来を平和にして行く事。

 

だと思っています。

 

 

ん〜〜〜素晴らしい〜〜〜ですね(^^)

 

さっ!ゴールデンウィーク。

 

あなたは何をして過ごしますか?