こんにちは!

 

谷口です!

 

古い話になりますが、若い頃サーフィンをやっている友達がいたのですが、彼の家に遊びに行くと2回に1回は「ビッグウェンズデー」と言う映画を見せられました。

 

知る人ぞ知るサーファーの映画で、舞台は1960年代のカリフォルニア

3人の若者がサーフィンを中心に大人になっていく物語。

 

最近のニュースでポルトガルでフランス女性が過去最大級の大波のサーフィンに成功したと報道がありました。

 

その高さなんと20メートル以上!

ビルの高さで言うと8階以上と言うのですから驚きです。

 

その昔友達から聞いたののはハワイが世界1

今はポルトガルなんですね。

 

そして、サーフィンは危険なスポーツなので男性が多いスポーツだと思っていたら、世界新記録を作ったのは女性とのことで、この辺りも女性の活躍が素晴らしいですね!

 

さて、ビッグウェーブと言えば2019年12月はIPO以外もビッグウェーブの兆しが見えますね。

 

昨年からの不安材料であった米中貿易摩擦の影響も今年はなく、香港問題がこれ以上にならなければ、来年もそれなりに上昇しそうです。

 

相場アノマリーとして大統領選挙の前年とその年は株高になりやすく、大統領選挙の次の年は下がり易い

 

このアノマリーの確率は8割ほどあるので戦略に使えそうです。

 

昨年のクルシミマス(クリスマス)のような下落はないのでは?と思っています。

 

上がるからといっても、ロスカットを入れないとか上がったらら買い増すとかは止めましょう。

 

アメリカにはリーマンショッククラスの下落を引き起こす火種があります。

 

当時より今回は株価がかなり上がっていますので、下落も激しいはずです。

 

「だろう運転」はだめ!

「かもしれない運転」を心がけましょう!