おはようございます!

 

谷口です!

 

毎年この時期になると

年の初めのIPOの話題が出てきます。

昨年は2月に2銘柄、3月に14銘柄でしたが

2019年2月に上場予定は現在5銘柄、3月1銘柄となっており

またまた、市場を賑わせます。

 

毎年最初に上場する銘柄は初値が高くつく傾向にあり

今年も公開価格の4倍程度となるでしょう!

 

現在、IPOが決定している銘柄情報とざっくり初値予想!

 

2/22 識学(7049)(ざっくり予想4倍)

経営・組織コンサルティング

 

2/26 リックソフト(4429)(ざっくり予想2.5倍)

プロジェクト管理ツールなどソフトウエア製品のライセンス販売など

 

2/27 東海ソフト(4430)(ざっくり予想2倍)

ソフトウエア受託開発およびソフトウエア開発にかかる役務提供

 

2/28 フロンテア(7050)(ざっくり予想.5倍)

イベント・PRや店頭販売などの総合プロモーション事業

 

2/28 スマレジ(4431)(ざっくり予想1.8倍)

「スマレジ」などのアプリの開発および販売、その他周辺機器の販売

 

 

宝くじ気分で申し込んでみると良いですよ!

 

当たればもうかるIPO

 

ですが、3月5日に決定している(1885)日本国土開発は

あまり初値は上がりません。

 

上がっても1.2倍程度、詳細がわかるころには

もっと予想を下げるかもしれません。

このような銘柄への抽選申し込みは避けて

初値以降に旨味を見つけるセカンダリーが良いでしょう。

 

 

さて今年のIPO銘柄はパターン通りの上昇を見せてくれてます。

中でも(7671)AmidA、(6232)ACSLは80%を超える上昇で

今年もセカンダリーの威力を見せつけてくれていました。

 

その他も20~30%上昇銘柄は多数出てきていますから

2019年も元気いっぱいの相場に期待していきましょう!