大阪夜校の東元です。


皆さんはTwitterってやっていますか?
私は友人のTwitterを見るだけのためにアカウントを作っていますが、
最近はこのTwitterを利用した投資法があるようです。

この投資法を知り、信憑性を確かめるために
Twitterでいろいろ調べてみたのですが、
その内容は驚きの投資法でした。


その内容とは、
有名な個人投資家さんたちがつぶやく銘柄を買う
という投資法でした。


そういう投資法も「人によっては」ありなのですが、
調べていてわかった危険性がいくつかありましたので、
注意喚起のためにお知らせいたします。


・人気があるが故の値動きの荒さ
その個人投資家さんが人気故、つぶやいた瞬間たくさんの人が買ったりします。
だから短時間で大暴騰してしまうため、思わぬ高値掴みになることがあります

実際、その人がつぶやいたから買いました!という方もたくさんいて、
その後売りが発生して株価が暴落した際、売り時がわからず、
どうしていいのかわからない状態でその個人投資家さんに
「○○の銘柄はどうしたらいいですか??」と質問される投資家さんがたくさんいらっしゃいました。


・信じているからこそロスカットができない
その人を信じているからこそ、自分がつかんだポイントがよくなかったことを認められず、
ロスカットをできないまま塩漬けにして数か月ずっと耐える、という人も多いようです。
「その人が買いだって言ったから持っておくんだ!」と、
資金が目減りしていくのをずっと耐えてしまっている人もいます。

勿論数か月後には上昇していくこともあるかもしれません。
しかし、その前にロスカットすべきポイントはあったのではないか。。。と
反省・検証をすべきだと思います。
(そのマイナスが戦略のうちであればよいのですが、だいたいそうではない印象でした)


・別の個人投資家さんたちの意見
別の個人投資家さんたちは、有名な個人投資家さんたちがつぶやく銘柄は
逆の指標として見ているといいます。
この意見は意外と数が多かったです。
「有名な人が買い銘柄として煽りだしたら、噴いた後にすぐ利益確定のために売ろう」
というイメージですね。

株は買いと売りのせめぎあいです。
この利益確定の売りが買いより強ければ暴落します。


以上、Twitterで調べていて、危険な点を3つ挙げさせていただきました。


どこでその銘柄を買うべきかはチャートが示してくれています。
Twitterを利用するのは、
チャートを見て判断できる投資家ならばよいのですが、

「この人が買いと言ったから買う!」というタイプの人は、
まずはきちんとチャートと向き合ってください。

そして自分で買う理由を納得できたら、エントリーしてください
その際は自分が有利なポジションで買えるようにチャートを見極めましょう。

 

Twitterを使うことが悪いと言っているわけではないので勘違いしないでくださいね!
もしその人が呟かなくなったら、自分でトレードする銘柄を判断することになります。
その時きちんと自分で相場を戦っていけるように、
自分の力で、利益が取れるチャートを探せるようになりましょう。
それが生き残るトレーダーだと思います。

明日からも頑張っていきましょう!!