おはようございます!

 

谷口です!

 

さてさて、日経平均はもちあいですが

ダウ平均はもちあいを抜けてきました。

このまま米中貿易摩擦も織り込んだ状態で行きますから

実際にトランプが言っている4週間後に

何らかの発表をするにあたり

内容に寄っては売られる可能性もあります。

 

高値でのもちあいですからボラは高いので

ポジションの持ちすぎやロスカットのないトレードは気を付けていきましょう!

 

IPO市場では3月のIPOラッシュも終わり

4月5月の閑散期に入りますが

この時期は3月上場のIPOで稼ぐ時期に入ります。

 

6月になるとまたまたIPO銘柄がたくさん出てきますので

それまではセカンダリーで儲けるんですね~

 

一般にIPO投資といえば抽選申し込みですが

人気がありすぎて当選はかなり難しくなっています。

 

コツコツできる人は年間を通して申し込みをしていけば

5本程度はもらえると思いますが、

3月29日上場の(4438)Welbyのような銘柄は

ほぼ当選しません。

 

このWelby初値が高騰するのはわかっている銘柄で

実際に公開価格52万円の銘柄が

初値180万円となりました!

 

公開価格で貰えたとすると3.4倍の高騰です!

100株で128万円の利益ですね!

 

この申し込みの時点から公開価格よりも値段が上がるか?

それとも下がるか?はちょっとした知識があれば

誰でも下がってしまう株を申し込むことはしなくなります。

 

この知識が付くとその後のセカンダリーでも

次はその銘柄の3つほどある理論株価を計算します。

 

これも実は簡単な計算なので一度覚えてしまえば

初値から上昇するのか?

下落した後に手を出していいのか?

初値はいくらくらいでつくのか?

 

などがざっくりとわかるようになります!

 

簡単に言うとドライブに行くときに

地図を持っているかいないか程の差になります。

 

そしてそのドライブに行くときに

免許証を持っているか

無免許でドライブするのか?

 

これがチャートが読めるか?

ファンダメンタルはわかるのか?

渋滞しているときの裏道は知っているか?

 

などなど、普通に考えれば当たり前のことに当たります。

 

普段の生活では何かをしようとすると

助言者がいてくれるので迷うことも少ないでしょうし

何人かに聞けば方法がわかると思います。

 

ところが、トレードになると

この助言者を探すのが大変です、

 

なんせ、経験者自体がみんな無免許運転で事故った人たちばかりだからですね。

 

口をそろえて、「危険」と言うか

たまたま事故っていない人に

たまたま事故らない方法を聞いて

たまたま事故らずにしばらくドライブするか?

 

たまたまを当たり前と感じた瞬間に

大事故はやってきます。

 

自動車学校で習ったと思いますが

「だろう運転」はダメ

「かもしれない運転」をこころがけましょう!